yamuna®︎ ヤムナとは

 

 <yamunaⓇ> ヤムナ

 

 

 

 

  

 

 

Yamuna®︎「ヤムナ」とは、ヤムナ・ゼイク女史考案のメソッドです。

 

 【ボディ・サスティナビリティの世界へようこそ】

ヤムナ®︎は、自分の体に気づきを与え、身体の動く仕組みに則って行えることが特徴的です。

身体が本来持つ「知性」と「摂理(ボディ・ロジック)」に注目します。

骨格の構造、筋肉の走行方向、動きの発動のしくみ、内臓、神経伝達システムなど

運動生理学 機能解剖学 トレーニング理論 をベースに構築されたヤムナメソッドを知れば知るほど、その奥の深さに驚きます。

 

適切なワークを習得すれば、いつでもどこでもワークを行うことができ、身体の変化を深く実感しながら整えることが可能です。

 

 

 

 

【従来の考え方と、ヤムナ・メソッドの考え方】

一般的にストレッチの目的は、ケガの予防とパフォーマンスの向上です。

筋肉を動きやすくすることで、関節の動くスペースを広げ、へも身体の動き全体がスムースになることを目指します。

筋肉の構造は、端は「腱」と呼ばれる固い組織が骨に付着し、徐々に筋肉の厚みが増し、反対側の腱が骨と骨のつなぎ目(関節)またいで、他の骨に付き終わります。

 

従来は、筋肉の厚みが増している部分を両方向へストレッチ、単関節運動や複合運動で筋肉を疲労させるトレーニングが一般的です。

からだの構造から考えてみましょう。

 腱が骨に付着しているということは、やわらかく柔軟性に富んだ腱や筋肉なら血液や栄養が行き届いている骨に付いていると言えますし、

伸び縮みの少なく固い腱や筋肉が付く骨の状態は酸素と栄養が充実していない・もろくなりつつあるのではないかと想像できます。

 

骨密度のバランスがよく、骨質が高い骨こそしなやかで強い身体の根幹を成し、骨格は身体の構造の中心として機能すると考えます。

固い身体は、筋肉が固いとも言えますが、骨そのものが高い衝撃とストレスにより石灰化していると考えれば、骨の健康を取り戻すことが、理にかなっています。

 

筋肉を鍛える運動(ダンベルやチューブ、スロトレなど)は筋活動の際、骨がたわむことで、骨質を高められることはよく知られています。

 

ヤムナボールでの運動は、骨の形状の様々な面に当てていくことで骨をたわませ、衝撃を取り除き、骨への刺激を繰り返すことで、しなやかで強い骨へと育てる可能性を秘めています。

 

 

ヤムナ®︎の継続で、しなやかで柔軟性を持ち合わせた、強く機能的な身体へ。

 「身体が動きやすくなった」ということをあなた自身が実感できるため、生涯にわたって継続したい、と自信が持てるボディメンテナンスプログラムとなってくれるでしょう。 メニューを見る

 

ヤムナメソッド考案者 ヤムナ・ゼイクと

ヤムナボール